• MOMUZE

ああ、これが地域性か…

新規患者のAさんは関東在住で、今は一時的に実家(新潟)にいます。同じく新規患者のBさんは、少し前まで関東に住んでいましたが、最近、実家がある新潟に引っ越してきました。


このお二人から偶然にも全く同じ事を言われました。

「治療代、安いですね。向こう(関東)ならもっと取られますよ」と。

当院がオススメするコースの料金は6,000円ですが、過去に近所のお爺さんから「この辺の人間は一回に6,000円は出さないよ」と言われた事があります。


AさんとBさんは「安い」と感じてる。他方、近所のお爺さんは「高い」と感じてる。

「ああ、これが地域性…てやつか」と改めて思いました。


ならば地域性に合わせて値段を安くしてみては?…と言われるかもしれませんが、これ以上安くしてしまうと「技術の安売り」になってしまいます。

当院の治療は、じっくり・たっぷり・丁寧に行っているので、一口に6,000円と言っても「安い6,000円」だと自負しています。そこをちゃんとわかって欲しいな…と思う出来事でした。ちなみに、写真はBさんのエキテンの口コミ投稿です。




閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加