• MOMUZE

ブログはじめてみました

更新日:2018年11月20日

マッサージ・はりきゅう院 MOMUZEの佐藤です。この度、ホームページ内にブログを設置してみました。インターネットやパソコンなどが大の苦手な昭和男子なので(ToT)、うまく使いこなせるか疑問ですが、とにかくやってみます。ヨロシクお願い致します。


さて、今日はズバリ「はりきゅう」について書いてみます。

実は私はつい最近まで「頚椎ヘルニア」を患っておりました。どんな姿勢でも痛みがあり(楽な姿勢がない)、時に腕がシビレてくる…とにかく「痛い!」の毎日でした。8月くらいが一番辛かったと記憶しています。当然、自分で首に鍼を刺したりするのですが、うまく刺す事ができないし、局所治療にしかならないので全然治りません。そこで、近所にあるベテラン鍼灸師の治療院へ行く事にしたのです。そして治療がはじまりました。

さすがベテラン! 手際も良いし使うツボの数も少ない。大変勉強になりました。しかし1回や2回では良くなりません、でも諦めずに通い続けました。そして5〜6回通った頃でしょうか、急に痛みが軽減してきたのです。それからさらに数回通い、今ではすっかり痛みはゼロです! ホントに助かりました。


鍼灸(マッサージも含め)をはじめとする東洋医学は、決して「魔法の医術」ではありません。患者様の体質や病状の重症度、あるいは術者との相性などにより、1回で治る事もあれば、時間がかかる場合もあるのです。ですから「鍼灸をやってみようかな?」とお考えの方には、是非ともその点をご理解頂きたいと思っています。しかしながら、やはりお金がかかる事なので、そこは無理のない範囲で…。ご利用は計画的に(ん?…どこかで聞いた事があるセリフだな:笑)。


当院でお薦めしているのは、症状が辛い時期は1週間に1〜2回、それが少し楽になってきたら2週間に1回、それを暫く続け、症状がなくなったら今度は月に1回「身体のメンテナンス」のために来院する…というものです。東洋医学は予防医学なので、定期的にメンテナンスをする事は、とても大切な事なのです。



閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加