• MOMUZE

少林寺拳法の師家


たまにはこんなブログもいいかな…と思い、書いてみました。


少林寺拳法グループの代表である、第二世師家 宗 由貴(そうゆうき)氏が退任し、次男で副代表の宗 昂馬(そうこうま)氏が第三世師家に就任しました。

僕が少林寺拳法に入門したのは1981年4月。当時は映画「少林寺」が大ヒットした時代で、まさにカンフーブーム。僕はそのブームに乗ったガキんちょの一人だったのです。少林寺拳法の開祖(宗 道臣)がお亡くなりになったのが1980年5月なので、僕の入門は開祖が亡くなってからちょうど1年後…となります。従って、少林寺拳法をはじめた時からすでに宗 由貴氏が代表・師家だったわけです。

宗 由貴氏は、わずか22歳で師家を継承したのですが、当時は今我々が大先生と呼ぶような方々が現役バリバリでやっていた頃でした。22歳の小娘がそんな怪物…あ、いや、猛者ども相手に奔走し、そして40年の長きに渡って巨大な組織を率いてきたのですから、その功績は称賛すべきものだと思います。

30回の閲覧

​マッサージ・はりきゅう院 MOMUZE