• MOMUZE

朝になると症状が現れる


「朝になると痛みなどの症状が現れる」という方、いませんか?

今回のブログは、朝に症状が現れるのは、どの臓腑の虚なのか?…を東洋医学的な見方で解説していきます。


結論から言うと「肝虚(=肝の力が弱まった状態)」です。


それぞれの臓腑には、陰的作用陽的作用があって、この2つの作用によってバランスが保たれています。


①肝の陰的作用

肝には血を引き寄せる収斂(シュウレン)という力があり、それにより血が蓄えられます。この働きが「臓血(ゾウケツ)」と呼ばれるものであり、肝が持つ陰的作用と言えます。ちなみに酸味のある食べ物(例:酢の物)は、肝の収斂作用を強めると言われています(これを古典では、肝は酸を欲すという)


②肝の陽的作用

肝には朝方に旺気し蓄えた血を体の各部位に分配するという「発生」作用があります。これが肝の陽的作用であります。


つまり、肝は収斂という力によって血を蓄え(=蔵血作用)、その蓄えた血を朝方に体の各部位に分配させているのです(=発生作用)。これが正常な営みなのですが、肝虚の人はこの機能が低下した状態あります。従って、朝になっても発生作用がうまく機能せず、血の分配が不十分となってしまうため、痛みなどの症状が現れてしまう…という事なのです。


(注)これはあくまでも一例であり、朝方に現れる症状が、全て肝虚というワケではありません。



閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加