• MOMUZE

正経流注マッサージ①

更新日:2月1日

今回は当院オススメの「正経流注(せいけいるちゅう)マッサージ」に関わる内容を2回に分けて書きます。1回目は「正経(せいけい)」についてです。


東洋医学では、人体の生理・精神活動の全ては12種の臓腑(下図参照)によって成されていると考えます。そして臓腑の活動を支えるものが気血(=エネルギー)であり、その運行路を経脈(けいみゃく)と言います。12種の臓腑はそれぞれ専用の経脈を1本づつ持っているので、その数は12本となり(左右で24本)、これを正経十二経脈、或いは単に正経と呼びます。

また、東洋医学では全てを陰と陽に分けるので、この正経十二経脈も陰と陽に分ける事ができます。臓は陰腑は陽なので、臓専用の経脈を「陰経」腑専用の経脈を「陽経」と呼びます。さらにこれらを手に分布するもの、足に分布するもので分けると、以下のような4つのグループとなります。


グループ①:手三陰経

手に分布する陰経で、肺経、心経、心包経が属します。


グループ②:手三陽経

手に分布する陽経で、大腸経、小腸経、三焦経が属します。


グループ③:足三陽経

足に分布する陽経で、胃経、膀胱経、胆経が属します。


グループ④:足三陰経

足に分布する陰経で、脾経、腎経、肝経が属します。


以上を踏まえて、次回は「流注(るちゅう)の全体像」についての解説をします。今回はここまで。









閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加