• MOMUZE

腰痛のおはなし

以前のブログで「腰痛は人類の宿命」なんて書きましたので、今回はその腰痛についてザックリと書きます。腰痛にも様々な分類がありますが、ここでは「特異的腰痛」「非特異的腰痛」について解説します。


特異的腰痛とは、単純に言えば「原因部位がはっきりしている腰痛」であり、腰椎椎間板ヘルニアなどが例として挙げられます。ヘルニアは椎間円板の髄核が外に出て、神経を圧迫する事で痛みやシビレを起こしますが、画像診断する際はその部位が明確にわかります。つまり「ほら、ここ! このヘルニアが神経を圧迫してるでしょ?…わかる?」てな感じです。

これに対し、非特異的腰痛「原因部位がはっきりしていない腰痛」であり、筋筋膜性腰痛がその代表です。画像診断でも明確にわからず「まあ、この辺りの筋肉を痛めたんだね〜」位にしかわからない腰痛の事です。実は腰痛全体を見ると、特異的腰痛はわずか15%であり、残りの85%が非特異的腰痛なんだそうです。


筋筋膜性腰痛の中でも特に辛いのは急性腰痛(ギックリ腰)ですね。経験された方も多いのではないでしょうか? そこでここでは、ギックリ腰になった際の対処法を書きましょう。

まずは楽な姿勢で安静にします。例えば、膝を抱えるように横向きに寝ると比較的楽です。移動する時は両手を太モモに置き、壁にお尻をつけて寄りかかりながらゆっくりと移動しましょう。そして2〜3日したら無理のない程度で日常生活動作をすると良いです。多少動かした方が治りが早い…という報告があります。間違えても自分でゴリゴリとマッサージするのは避けて下さい。余計に悪化する可能性があります。


あるいはモムゼにGO!です。歩くのも大変というレベルは鍼灸のみ。歩けるレベルならばマッサージと鍼灸で対応します。共に患部に対しては軽刺激で、主に上背部や下肢に対して施術をします。重症度にもよりますが、平均して3〜5回くらいで改善すると思います。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加