• MOMUZE

自律神経って何?


「病院の検査では異常はないけど、なんか○○○」そんな事を訴える人は増えています。これらの症状はストレスが原因で起こる自律神経の乱れかも…。そこで今回のブログは「自律神経って何?」を超〜簡単に解説し、その改善方法をご紹介します。


■自律神経とは…

ザックリ言えば「勝手に働いてくれる神経」の事です。例えば「自分、気合いで心臓止めるッス!」と言って心臓を止められる人はいませんよね? なぜなら内臓は自律神経の支配を受けており、自分の意思で動かすことができないからです。このように自律神経とは、自分の意思とは無関係に働く神経で、まさに「自律」しているのです。


交感神経副交感神経

自律神経には交感神経副交感神経の2種があります。交感神経は「体を戦闘モードにする神経系」副交感神経は「体をリラックスさせ、エネルギーを温存する神経系」です。

昼間、働いている時などは適度に緊張しています、これは交感神経が優位な状態で体が戦闘モードになっているのです。他方、自宅でテレビを見たり好きな音楽を聞いている時などは、副交感神経が優位で体はリラックスした状態なのです。

■ストレス

ストレスは交感神経を優位にさせます。ストレスにさらされる時間が長ければ、体はずっと戦っている状態になるので、当然、疲れてしまいますよね。その結果、自律神経の働きが乱れ様々な症状が現れてしまうのです。これに対する効果的な施術の一つが「マッサージ」です。


■マッサージ

マッサージの効果には、ストレス解消、血流促進、筋肉の緊張緩和、免疫力増加、自律神経のバランス改善…などがあると言われており、ストレスが原因で起こる症状には効果的と言えます。

当院では、肩こり・腰痛などの施術はもちろんのこと、ストレスが原因で起こる倦怠感・食欲不振・イライラ・不眠などの施術にも力を入れています。当院おすすめのオリジナルマッサージは、東洋医学理論に基づいた施術効果に、上記のマッサージ効果が加わった身体にやさしいマッサージとなっておりますので、なんとなく不調が続いてる方は、是非ともご相談ください。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加