• MOMUZE

芸は身を助ける?

僕が鍼灸師になる前に、広告制作会社でデザイナーをやっていたのは有名な(?)話です。なぜ、全く違う世界に飛び込んだのか?…は、ここでは割愛させて頂きます。興味がある方はホームページのプロフィールをご覧下さい。

デザインそのものは好きなんで、治療院で使用する印刷物は全て自分で作っています。治療院のロゴだって自作です。ちなみにMOMUZEの「O」の文字は、マッサージ・指圧をメインにした治療院なので「指紋」を表現しているのです。さらによ〜く見ると、真ん中あたりに僕の名前である徳昭(のりあき)の「のり」という文字が隠されています。お気づきになりましたか? ちょっとして遊び心です。

通常、このような印刷物をプロに依頼するとデザイン料が発生してしまうのですが、僕の場合は当然0円です! 実際に印刷する際は印刷代だけで済むので、ある意味、経費削減になっております。このブログをご覧の方で、名刺・チラシ・はがき・簡単なPOP…などのデザインをご希望される場合は、お安くしますのでご連絡下さい←営業(笑)







閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加