• MOMUZE

気胸

時はちょっと逆上り4月19日。咳払いか何かをきっかけに、右肺にある「ブラ」と呼ばれる弱い部分が破れてしまい、肺が縮んでしまう「気胸」という病気になりました。

そこそこ重症なレベルであったため、即入院。そして胸腔内の空気を抜く治療をし、一旦は肺も元に戻ったのですが再び縮んでしまいました。結局、手術を受ける事なったのです。

その手術とは「ブラ」を取り除く手術であります。手術は無事成功し4月27日に退院、現在に至ります。今は元気です。


さらに時は逆上り20年前。実は左右両方の気胸を経験していたのです。両側性気胸は手術適応なので、その時は症状がひどかった左肺の「ブラ」を取り除く手術をしました。


今回の手術の結果、僕の胸は外も内も「ノーブラ」となりました⬅うまい!…言うてる場合か!


平成から令和に変わる直前に手術を受けるとは…。

これを機に禁煙したいと思います(自力では無理なので、禁煙外来に行こうと思います)。まさに「新たな自分の誕生!」ですね。




閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加