• MOMUZE

気胸

時はちょっと逆上り4月19日。咳払いか何かをきっかけに、右肺にある「ブラ」と呼ばれる弱い部分が破れてしまい、肺が縮んでしまう「気胸」という病気になりました。

そこそこ重症なレベルであったため、即入院。そして胸腔内の空気を抜く治療をし、一旦は肺も元に戻ったのですが再び縮んでしまいました。結局、手術を受ける事なったのです。

その手術とは「ブラ」を取り除く手術であります。手術は無事成功し4月27日に退院、現在に至ります。今は元気です。


さらに時は逆上り20年前。実は左右両方の気胸を経験していたのです。両側性気胸は手術適応なので、その時は症状がひどかった左肺の「ブラ」を取り除く手術をしました。


今回の手術の結果、僕の胸は外も内も「ノーブラ」となりました⬅うまい!…言うてる場合か!


平成から令和に変わる直前に手術を受けるとは…。

これを機に禁煙したいと思います(自力では無理なので、禁煙外来に行こうと思います)。まさに「新たな自分の誕生!」ですね。




63回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お医者様

AさんとBさんのお話しです。 Aさんは長年お尻の痛みに悩まされています。部位などから判断して仙結節靭帯を痛めているものと思われます。Aさん曰く「医者には痛み止めの薬をもらいに行ってるだけ。痛い場所を見もしないし、触りもしないよ」との事。 Bさんは鼠径部の痛み、および下肢の痛み・シビレを訴えています。恐らく腸腰筋が硬くなり近くを通過する大腿神経を圧迫しているものと思われます。Bさん曰く「どういう状態

 
友だち追加