• MOMUZE

MOMUZE展

更新日:5月7日

既にフェイスブックなどでも情報発信していますが、改めて「MOMUZE展」のご紹介をさせて頂きます。これまで趣味で作成していた各種の作品を、治療院に来てくださった患者様に見て頂き、少しでも「ほっこり」してもらえたらいいな…と思い始めてみました。今回のブログはどんな作品があるのか?…の簡単な解説となっています。


1、スーパーリアル・アニメシリーズ

過去に個人のフェイスブックでも投稿した事があるので、知っている方もおられるでしょう。あのアニメキャラが実在したら?…をテーマにした鉛筆画です。実物をご覧になりたい場合は、お声がけ頂ければお見せ致します。


2、公募作品

各企業が主催する「マスコットキャラクター募集」に送った作品。イラストソフトで作成しました。発表はだいぶ先の話なのですが(ブログ作成日:5月7日)、多分入選はしないでしょう。したらちょっとは賞金をゲットできます! ひとつくらい入選しないかな〜(笑)。お気に入りの可愛らしい作品がいくつかあります。まさに自画自賛。


3、合体アニマル

有り物の写真をイラストソフトで合成して作った空想上の動物達。これも過去に個人のフェイスブックで投稿したのですが、写真の著作権的な問題もあり投稿を削除しました。このご時世、何が起こるかわかりませんので。だから今回は、治療院のみでの公開といたしました。


当院では、治療後にサービスドリンクのハーブティをお出ししています。それを飲みながら作品を見て「ほっこり」して頂けたら幸いです。ご来院お待ちしています。


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

五臓の病証(全6回)。第5回目は「肺の病証」についてです。今、世界はコロナ問題に悩まされています。東洋医学においてコロナ感染症は「肺の病証」として捉えます。 (1)肺の働き 肺の働きは?…と聞かれ、まず思い浮かぶのは「呼吸」でしょう。勿論、その通りです。しかしこれは、肺に「気の運行を調節する力」があるからこそできる事なのです(これを気を主る(つかさどる)と言います)。気には生理物質を動かす力があり

 
友だち追加