• MOMUZE

vs無資格マッサージ店


「高齢者はりきゅうマッサージ施術費助成券」を利用する患者様が、当院でも少しづつ増えてきました。治療以外でもお役に立てて嬉しく思っています。実はこの助成券、無資格マッサージ店への対抗策の一つとして作られたそうです。


ところでマッサージの値段の相場…ていくらかわかりますか? 基本的には10分1,000円です。私が鍼灸専門学校の学生だった頃(約20年前)は、確かにこの値段だったと記憶しています。それが今では60分が3,000円を下回る…という、とんでもない安値になってしまっています。こういう薄利多売、つまり安価で数多くやる事で利益を得る…というやり方は、無資格マッサージのチェーン店のような「組織」だからこそ可能であって、私達のような一人治療院では到底できません。そんな事から安価のマッサージ店に対抗すべく、長岡市の某鍼灸院の先生が中心となって「高齢者はりきゅうマッサージ施術費助成券」が作られたとの事。


我々、有資格者の施術所には「広告制限」なるものがあって、チラシ・看板といったいわゆる広告物に「値段」を記載する事はできません。しかし無資格マッサージ店は、広告制限がないので、自由に値段の記載をする事ができるのです。マッサージの値下げ競争が起こったのも、そんな背景があったからかもしれません。

有資格者に広告制限があり、無資格者が自由勝手にやっている現状は明らかにおかしい!そんな意見が多く挙がり、現在、法改正に向けた話し合いがなされているそうです。


…とは言え、私もマッサージを受けるのが好きで、そういうお店をちょくちょく利用すので、お互いが納得しうまく共存できるような解決を望んでいます。

閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五臓の病証(全6回)。最終回は「腎の病証」についてです。時に心は「陽中の陽」と呼ばれる事があります(その解説は省略)。他方、腎はこれとは真逆で「陰中の陰」です。そう聞くと「腎は控えめで大人しい臓」という印象を受けますが、実は結構イケイケの臓です。 (1)腎の働き ここでは腎の働きを3つに分けます。一つは腎は水を貯蔵しその量を調節します。これを「水を主る(つかさどる)」と言います。もう一つは生殖・成

 
友だち追加